「ブレイシング」簡単に体幹を鍛えて活動的な毎日を送りましょう

こんにちは、

あなたの毎日を照らすスポットライトの天道です。

 

突然ですが、

あなたは「ブレイシング」という言葉を知っていますか。

 

ブレイシングとは、お腹まわりのインナーマッスルを活動させて鍛えること
です。

ブレイシングを行うことで身体の動きが、かなり変わってきます。

 

今回はブレイシングについてお話していきます。

 

ブレイシングはドローインとは違います

 

お腹まわりのインナーマッスルを鍛える運動と言われたら、

ドローイン」を思い浮かべる方が多いと思います。

ドローインは主にインナーマッスルの「腹横筋(ふくおうきん)」を運動
させます。

これに対して「ブレイシング」は、腹横筋に加えて、

外腹斜筋(がいふくしゃきん)」と「内腹斜筋(ないふくしゃきん)」を、
運動させるものです。

ドローインでは一方向しか運動させていませんが、ブレイシングではお腹を
包み込むインナーマッスルを運動させるので、

より体幹を安定させることが出来ます。

 

体幹を安定させることで得られるメリットは

 

体幹を鍛えて安定させるとメリットがかなりあります。

 

どんなメリットかといえば、

 

  • ・姿勢が綺麗になります。
  • ・腰痛や肩コリからサヨナラできます。
  • ・日常のちょっとした動作が楽になります。
  • ・便秘が解消します。
  • ・疲れにくくなります。
  • ・太りにくくなります。
  • ・声が通りやすくなります。

 

と、こんなにたくさんあります。

 

ブレイシングのやりかたは

 

簡単なブレイシングのやりかたとしては、

 

  1. ・椅子に座って背筋を正します。肩の力を抜いて楽にして肩甲骨を少し
     内側に寄せる感じにしましょう。
  2. ・背筋を正したまま、腹式呼吸を何回か行います。
  3. ・腹式呼吸で息を吐ききります。
  4. ・その状態からお腹に少し力をいれて、お腹まわりを固くします。
    (このときに肛門の前にある「骨盤底筋」と呼ばれる筋肉にも力を入れる
     と良いです)
  5. ・お腹まわりを固くした状態を維持したまま、腹式呼吸を行います。
  6. ・腹式呼吸をする際に、胸は膨らませずにお腹に空気を送り込むイメージで
     腹式呼吸を行ってください。
  7. ・その状態をまずは1分間キープしてみてください。

 

以上です。

 

やってみるとわかると思いますが、お腹全体を使っていることがわかります。

これを繰り返し行っていくことで、体幹が鍛えられてお腹まわりもスッキリ
してきます。

 

慣れてきたら立った状態でも出来るように練習してください。

それが出来るようになれば、立った状態でもお腹のまわりのインナーマッスル
を鍛えられるようになります。

電車内で吊り革をもって立っているときでも、信号待ちをしているときでも、
いつでもどこでも、お腹まわりのインナーマッスルを鍛えられます。

 

まとめです

  • ・お腹まわりのインナーマッスルを鍛えることで、体幹が安定します。
  • ・体幹を安定させることで得られるメリットはたくさんあります。
  • ・まずは座った状態から始めていきましょう。
  • ・立った状態で出来るようになれば、どこでもお腹周りのインナーマッスル
     を鍛えることが出来るようになります。

以上です。

今回は簡単なブレイシングの方法をお話しました。

ブレイシング自体は奥が深いものです。

まずは、簡単な方法を習慣化させて、体幹を安定させて健康になりましょう。

あなたの明日を照らすスポットライトの天道でした。

弥栄!!

 

参考にさせて頂いた記事です。

 

Top Works Body:「ブレイシング」

https://topworks-body.com/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0/

ライフネットジャーナル オンライン:

「医師が教える、体幹を鍛える7つのメリット」

https://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/07/21/4175/

足育研究会:「姿勢と骨盤底筋の関係」

https://www.sokuiku.jp/colom/post-5.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください