何もしたくないときは、深呼吸して眠りましょう。

こんにちは、

あなたの毎日を照らすスポットライトの天道です。

 

あなたは何もしたくない〜と思うことがありませんか。

 

本当はなにもしたくない…

でも休むこともできない…

自分がどうしたいのかわからない…

 

心が沈んでしまってどうしようもないとき、

 

今回の話が、あなたを照らす光の一つになるかもしれません。

 

なぜ何もしたくないのか

 

何もしたくないと思うことには様々な理由があります。

 

その一つが「喪失感」です。

 

自分は今のままでいいのか?

今と同じようなことを続けていていいのか?

 

など、不意に訪れる気持ち…

 

誰にでもあると言われている「喪失感」に対して、

どうしたらいいのでしょうか。

 

深い呼吸、深呼吸から始めてみる

 

何もしたくない…

何も考えたくない…

 

そのような状況のときに思い出して欲しいことがあります。

 

それは、

 

深呼吸」です。

 

鼻から4秒空気を吸って、

口からフーと8秒かけて空気を吐き出してください。

 

鼻から吸って口から吐き出すのを1回として、

それを10回行ってみてください。

 

そのときに「呼吸の回数」を数えることだけに集中して

ください。

 

たった10回、数えながら深呼吸するだけで、

不思議と心がだんだんと落ち着いてくることでしょう。

 

横になって深呼吸して眠りましょう

 

何もしたくないとき、喪失感を感じられるときは、

まずは眠ることが大切です。

 

でも、

 

喪失感があるときは、寝ようとしても寝ることは難しいです。

心が眠ることさえ「したくない」と感じられます。

 

そこで「深呼吸」です。

深呼吸することで心が落ち着きます。

 

ベッドや布団に横になり、鼻から4秒空気を吸って、

口からフーと8秒かけて空気を吐き出してください。

 

呼吸の数を数えながら深呼吸し続けてください。

 

10回を越えたら、そこからは普通の呼吸に戻して、

後はひたすら呼吸に意識を向けてください。

 

何も考えない…呼吸だけを意識してください。

 

あなたはいつのまにか、グッスリと眠れていることでしょう。

 

最後に

今回は「何もしたくない」と感じたときの対処法の一つを

お話しました。

 

あなたの生活の光の一つになれたら幸いです。

 

あなたの明日を照らすスポットライトの天道でした。

弥栄。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください