良い睡眠がダイエットに繋がります。寝始めからの3時間は痩せるためのゴールデンタイム!

こんにちは、

 

あなたの毎日を照らすスポットライトの天道です。

 

あなたは「ダイエット」をしたことがありますか?

 

余程の痩せ型の方でない限り、人生で一度くらいは痩せることに取り組んだ

ことがあると思います。

 

ダイエットを成功させるには幾つか「鍵」があります。

 

今回はその鍵の一つ、「寝ること」「睡眠」についてお話していきます。

 

ダイエットを成功させるために知っておくべきこと

 

ダイエットをする。

 

痩せるために大事なこと。

 

それはアナタ自身の「基礎代謝量」を知ることです。

 

基礎代謝とは、人が生きていくために最低限必要なエネルギーのことです。

体温を一定に維持したり、心臓がドクンドクンと鼓動したり、息を吸ったり

吐いたりすることにも、エネルギーが必要なのです。

 

生きているだけで消費されるエネルギー「基礎代謝」。

 

私たちが1日に消費するエネルギーのうちの約70%が、基礎代謝に

使われています。

 

基礎代謝量以上にエネルギーを摂取すると、脂肪という形で身体の中で

保管されます。

 

これが「肥満」です。

 

痩せるためには、基礎代謝量より少ないエネルギーで生活することです。

 

そうすることで必ず痩せることが出来ます。

 

※あなたの基礎代謝量はココで知ることが出来ます。

 

1日に摂取するカロリーを基礎代謝量より少なくするよう管理する

ことが、ダイエットを成功させる第一歩です。

 

そして、

 

ダイエットは、ちゃんとした睡眠を取ることで加速させることが

出来るのです。

 

よく寝ることが痩せることを加速させます

 

どうして寝ることが痩せることに繋がるのでしょうか?

 

答えは、

寝ているときに出る「成長ホルモン」にあります。

 

成長ホルモンとは、骨や筋肉を成長させるホルモンのことです。

骨や筋肉だけでなく「代謝」にも作用します。

 

成長ホルモンは、炭水化物やタンパク質、脂質(脂肪)の代謝の促進

身体がエネルギー不足の状態のときは、脂肪組織から脂肪を分解して、

エネルギーにします。

 

この大切な成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。

 

ちゃんとした睡眠が取れているのならば、1日あたり約300kcalの

脂肪を分解してくれます。

 

ですが、

 

睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。

 

どれくらい違うのかというと、

一晩で約200Kcalの脂肪が分解されずに脂肪として蓄積されるそうです。

 

1日200kcal、1ヶ月では200kcal×30日で6000kcalになります。

 

体重1kgあたりの脂肪は7200kcalですので、睡眠の質が悪いと

1ヶ月に約1kgの脂肪が身体に蓄積されることになります。

 

ちゃんと眠らない日々が続くと、1ヶ月後には約1kg太ることになるのです。

これは本当に怖いですね…

 

どのタイミングで、どれくらい眠ると良いのでしょうか

 

睡眠の質を高めるには、それにあった時間に眠ることです。

 

人間の睡眠には「ゴールデンタイム」があります。

夜の10時から深夜の2時が、睡眠のゴールデンタイムです。

 

この時間帯に眠っていると、成長ホルモンの分泌が活発になります。

 

そして、

 

睡眠時間は「7時間」が理想です。

 

7時間の睡眠時間の中で最初の「3時間」は、トイレなどで起きることが

ないように寝ることが、とても大切です。

 

これも成長ホルモンの分泌に関係があります。

 

成長ホルモンは、寝始めてからの3時間に多く分泌することがわかって

いるからです。

 

ですが、

 

普通に生活している方で、夜の10時に眠ることが出来る方は少ないです。

 

なので、

 

深夜の3時には寝ているようにしましょう。

 

そして、

 

寝始めてから3時間は起きることがなるべくないようにしましょう。

 

7時間も睡眠時間が取れない人は、仮眠も含めてトータル7時間を

目指しましょう。

 

まとめです

  • ・睡眠はダイエットを成功させる鍵のひとつです。
  • ・自分の1日の基礎代謝量を知りましょう。
  • ・成長ホルモンは代謝、脂肪の分解を促進させます。
  • ・成長ホルモンは眠ることで分泌されます。
  • ・ちゃんとした睡眠を取ることで、1日あたり約300kcalの脂肪を分解
     すると言われています。
  • ・成長ホルモンを多く分泌させるゴールデンタイムは、夜の10時から 
     深夜の2時です。
  • ・ゴールデンタイムに眠れない人は、深夜の3時には眠っているように 
     しましょう。
  • ・寝始めてから3時間は起きないようにしましょう。
     寝始めの3時間に
    成長ホルモンが多く分泌されるからです。
  • ・睡眠時間は仮眠を含めてのトータル7時間を目指しましょう。

 

以上です。

 

ちゃんとした睡眠を取ることは、とても大切です。

この記事をきっかけにして、睡眠の向上に繋げてください。

 

あなたの明日を照らすスポットライトの天道でした。

弥栄!!

 

 

 

参考にしたページです。ありがとうございました。

 

日経ヘルス:「3・3・7睡眠」でやせる 寝るだけダイエット」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO04551080X00C16A7000000/

リクナビ派遣:「睡眠不足はダイエットの敵!太らないための眠り方」

https://haken.rikunabi.com/conts/johokyouku/detail_diet.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください