「鼻うがい」を6ヶ月毎日続けたらどうなるのか…

こんにちは、

あなたの毎日を照らすスポットライトの天道です。

 

天道は約半年前の4/11に「健康に大切な鼻うがいについて」という記事を
アップしました。

あれから、毎日欠かさず鼻うがいを続けてきました。

今回は、6ヶ月間毎日鼻うがいを行ってきた、変化や感想について
お話いたします。

 

以前は鼻がいつもどちらか片方は詰まっていました

 

なぜかわからないけど、いつもどちらか片方の鼻が詰まっているって方、
いませんか。

天道はそうでした。

両方の鼻で一緒に呼吸が出来ること、鼻の穴が通ってるのは稀でした。

本当に、いつもどちらか片方の鼻が詰まっていました。

気がつくと右側が詰まっていて、右が通るようになると左が詰まるという
無限ループが日常でした。

(運動をしているときは、体温の上昇の関係なのか定かではありませんが、
両鼻が通る状態、呼吸出来る感じにはなっていました。)

 

なので、

気がつくと口を開けて呼吸していました。

寝るときもそうでした。

起きると口の中がカラカラのイガイガで、たまに口の中に髪の毛などの異物が
入っていることもありました。

口で息をしながら寝ているということは、当然イビキもうるさかったと思います。

 

口を閉じて寝られるようになりました

 

鼻うがいは、最初は市販されている小林製薬の「ハナノア」のシャワータイプ
を使用していました。

今年の1月から始めて、3月末までハナノアで鼻うがいをしていました。

シャワータイプは片方の鼻の穴から液を入れて、もう片方の穴から液を出す
ことで洗浄します。

洗浄液が体液に近いのとミントの香りがするので、洗浄すると非常にスッキリ
した気持ちになります。

そのままハナノアでの鼻うがいでいいかなと思っていました。

 

しかし、3月くらいからアレが表面化してきました。コ◯ナです。

アレが表面化してきて「鼻うがい」が話題に上がってきたときには、ドラック
ストアの棚から「ハナノア」関連のものは売り切れの状態になっていました。

家の洗浄液が残り少なくなったときに、YouTubeで見た「鼻うがい」の方法を
試してみることにしました。

(羽賀ヒカル様の解説動画です)

 

思ったよりすんなり出来ました。

詳しいやり方は、以前の記事「健康に大切な鼻うがいについて」に載せています。

それから毎日欠かさず続けて、今では口呼吸ではなく、意識しなくても両鼻で呼吸
出来るようになりました。

 

6ヶ月前との違いについて

 

鼻うがいについて、やり始めた6ヶ月前と今で、違う点がひとつだけあります。

 

それは…

 

片鼻ずつで生理食塩水を吸うのではなく、両鼻同時に吸うように変えたことです。

 

片鼻ずつだと、詰まっている方の鼻はなかなか吸えません。

吸えてもチョロチョロで吸えないことを、もの凄くストレスに感じていました。

両鼻一緒にやることによって、片方詰まっていても、もう片方はちゃんと吸えて
いるので、

 

ストレスがなくなりました。

ストレスがなくなったことで、鼻うがいを続けることが出来ました。

 

鼻うがいを続けた結果、

今年は風邪をひくこともなく、花粉症の症状が改善して、

両鼻で美味しい空気をいっぱい吸い込むことが出来ています!

 

継続していくにはどうしたらいいでしょうか

 

鼻うがいを途中で諦めてしまう方の中には、

鼻から吸って口から出すことへの違和感がなかなか拭えなくて諦めてしまう方や、

鼻から生理食塩水を吸い上げるときに、恐怖から吸い上げる力が弱くて、逆に耳の
中耳に水が入って中耳炎になって止めた方や、

詰まった鼻で、生理食塩水を吸うのがストレスになって止めた方がいると
聞きました。

 

鼻うがい自体には効果が確かにあります。

しかし、

その効果に辿り着くまでには、幾つかのステップを越えないといけません。

最初から自分には無理だと諦めずに、毎日少しずつでもいいので、続けていって
ほしいと思います。

 

例えば…

 

最初はハナノアのシャワータイプからやってみて、

次は、ハナノアの口から出すのをやってみるのはどうでしょうか。

それが出来るようになってから、自分で生理食塩水を作って、鼻うがいを
やってみてもいいですし、

そのままハナノアでずっと鼻うがいをしていてもいいと思います。

 

鼻うがいを6ヶ月間続けてみた結果は、とても素晴らしいものです。

 

この記事を読んでくれた皆様にも、

口を閉じて、鼻で普通に呼吸が出来る喜びを味わってほしいと思います。

 

まとめです

  • ・以前は片鼻が必ず詰まっていて、口から呼吸していましたが、鼻うがいを
     継続していくことで、両鼻ともに詰まらずに呼吸出来るようになりました。
  • ・最初は小林製薬のハナノアを使って、鼻うがいに慣れていきました。
  • ・片鼻が詰まって、そちらから生理食塩水を吸い込み辛いと感じた方は、
     思い切って両鼻で吸ってみると上手くいくようになります。
  • ・諦めずに少しずつでもいいので、鼻うがいに慣れていってください。

以上です。

今回は鼻うがいを半年続けたことで感じたことや、継続することについて、
記事にさせていただきました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

明日のあなたを照らすスポットライトの天道でした。

弥栄!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください