健康に大切な握力について

健康に生きるために大切な握力についてお知らせします。

こんにちは。

健康に生きたい50代、天道です。

皆さん握力鍛えてますか!

握力測定が”健康状態”を知る有効な方法だって知ってましたか。

握力はどう健康状態に影響しているのでしょうか。

握力は全身の筋力状態を知る指標

握力は難しい動きを必要とせず、短時間で安全に測定することが出来る為
筋力測定に適しているといえます。

握力は下肢の筋力や、その他の多くの部位の筋力と相関関係が高い為、全身の筋力の
程度を知るための指標として用いられます。

握力と健康状態の関係について

  • 握力が低下することで、心血管疾患のリスクが17%、心筋梗塞リスクは7%、
    脳卒中リスクは9%増加するとの報告があります。(※1)
  • 握力が男性で26キロ未満、女性で18キロ未満の人は、そうでない人に比べると、
    認知症のリスクがなんと2.1倍も高いという報告があります。(※2)

このように、握力は健康状態に非常に関係しています。
握力を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか。

グーパー体操

  1. 手のひらを軽く握って、パッと開く。行うのは、これだけです。
  2. 握って開くのを1回として、1秒に1回のペースで、30回ほどくり返します。
  3. これを1セットとし、できれば早朝を除いた日中に、1日3セット以上
    行うといいでしょう。

参考動画:

重要なのは、握る際の力の入れ方です。目安としては、最大握力の3分の1くらいの
 力で握ること。あまり強く握りしめてはいけません。

まとめ

  • 握力は下肢の筋力やその他多くの部位の筋力と相関関係が高いため、
    全身の筋力の程度を知るための指標として用いられる。
  • 握力が低下することで、心血管疾患、心筋梗塞、脳卒中、認知症のリスクが増加する
    との報告がある。
  • グーパー体操(手のひらを軽く握ってパッと開く)で握力アップしよう。

 

健康にとても大切な握力。

グーパー体操で握力アップして健康に生きましょう!

健康に生きたい50代、天道でした。

弥栄!!

 

参考資料:

※1 http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2015/002950.php

※2 https://www.lets-club.jp/shop/ushikushiyakushomae/2016/09/upup.html

http://www.mimihara.or.jp/ohtori/column113.html

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tairyoku-kiki/kinryoku.html

https://www.sankei.com/life/news/180831/lif1808310010-n1.html

https://tokusengai.com/_ct/17256223

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください