食事の間隔を16時間空けるだけで、オートファジー効果発動! 〜 内蔵を休ませて健康とダイエット成功を手に入れましょう 〜

こんにちは、

あなたの毎日を照らすスポットライトの天道です。

 

あなたは最近疲れやすいですか。

食事をした後、すぐに眠くなったりしませんか。

それは、食べ過ぎかもしれません。

 

1日3食規則正しく食べているだけ、という方も多いと思います。

成人男性(30〜50代)で身体の活動が少ない方だと、1日に必要なカロリー
は約2200キロカロリーです。

自宅でしっかりカロリー計算されているならともかく、1日3食のうち2食が
外食だったりコンビニのお弁当だったりすると、1日に必要なカロリーをゆう
に越えてしまいます。

そして、ある程度年齢が高くなると、身体の基礎代謝量が下がってしまいます。

(※基礎代謝量とは、心身ともに安静な状態の時に生命維持のために消費
される必要最小限のエネルギー代謝量のことです)

1日3食健康的に食べているつもりでも、そのままだとポッコリお腹に、
肥満になってしまいます。

肥満は生活習慣病の元になると言われています。普通に規則正しく食べている
だけですが、今のあなたのままでは病気の種を抱えているのかもしれません。

 

しかし、安心してください!

 

食事する間隔を空けるだけで、健康になれてダイエットになります!

天道も昨年末から生活の中に取り入れました。ぼちぼちと取り組んでなんと、
この8ヶ月で9キロ痩せました!

 

今回は、空腹の時間を16時間取ることで健康的にダイエット出来るという
お話です。

 

内臓を休ませるといいこと尽くめです

 

1日3食しっかり食べていると、内臓が働き詰めで疲弊していきます。

内臓が疲弊して働きが低下することにより、栄養素をちゃんと吸収出来ない、
老廃物の排泄の効率が悪くなる、そして免疫力が落ちてくるなどの問題が
発生しやすいです。

これを防ぐには、週に1日はしっかりと内臓を休ませるのが良いと言われて
います。

食事間隔をある程度空けると、内臓を休ませることが出来ます。

内臓を休ませることで、機能が回復して健康になっていきます。

 

それでは、どれくらい食事間隔を空けると良いのでしょうか。

調べてみると、12〜16時間と言われていますが、個人的に天道は、
16時間食事間隔を空けることをオススメします。

それはオートファジー効果が期待出来るからです。

 

オートファジー効果とはなんでしょうか

 

人間の細胞はたんぱく質で出来ており、毎日古くなったり壊れたりした
たんぱく質を排出しています。

しかし、排出しきれなかったたんぱく質が細胞内に溜まっていくと、細胞
が衰えていきます。

人間の細胞に使うたんぱく質は食べたもので作られています。

その食べたものが身体に入ってこない場合、細胞は新しいたんぱく質を作り
出すために、細胞内に溜まっている古くなったり壊れたりしたたんぱく質を
集めて分解して、新しいたんぱく質を作りだすのです。

 

この古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みのことを、
オートファジーといいます。

 

オートファジーで細胞が生まれ変わると、身体にとっていらないものが一掃
され、身体中の細胞や組織、そして器官の機能が活性化して、健康になって
いきます。

 

16時間食事出来ないのは辛くないですか

 

さて、16時間食事間隔を空けることを今風に言い換えると、

プチ断食になります。

この16時間プチ断食のときに摂って良いものはなんでしょうか。

 

もちろん、水は摂らないといけません。出来れば1.5から2リットルの水は
飲んでください。

そして、断食の途中でお腹が空いてどうしようもなくなったときには、
ナッツ類やヨーグルトなどを摂るとよいそうです。

天道はそれ以外で豆乳を摂っています。豆乳はカロリーがある程度あります
が、断食は健康のためにやるのであって、痩せたいから無理におこなうもの
ではありません。

 

この辺りのさじ加減は、実際におこなったときに自分で調整してみてください。

慣れてくると、水と豆乳だけで16時間プチ断食完走出来るようになりました。

 

最初、プチ断食に取り組むのは、休日の前の日がいいと思います。

休日の前の日の夕食を20時くらいに摂って、その日は23時くらいには就寝
して、ゆっくり8時間寝てください。

休日の朝7時に目が覚めたら、お昼の12時まではゆっくりするのがいいです。


慣れないとお腹が空いて仕方ないと思います。水、ヨーグルト、ナッツなどで
凌いでお昼の12時まで頑張りましょう。

天道は最初のプチ断食のときは、ずっとゴロゴロして耐えてました(笑)

 

週に1日、プチ断食の日を設けると内臓がリセットされて、残り6日間を
良い感じで過ごしていけると思います。

こんな良いこと尽くめの断食ですが、妊婦さんや成長期の子どもさん、
病中病後の方はおこなわないでください。

あと、断食してる途中で合わないと思ったからは、すぐ止めてください。

無理をしておこなうものではありません。健康のためといって無理をするのは
本末転倒です。自己責任でおこなってください。

 

まとめです

  • ・週に一度は内臓を休めるために、12〜16時間食事間隔を空けましょう。
  • ・16時間食事間隔を空けると、オートファジー効果が期待出来ます。
  • ・オートファジーとは、人体の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせる効果
     のことです。
  • ・16時間プチ断食は、休日の前の日の夕食後からがオススメです。
  • ・断食中、水は1.5〜2リットルしっかり飲んでください。
  • ・断食の途中でお腹が空いたときは、ナッツ類やヨーグルトを適量摂って
     ください。
  • ・妊婦さんや成長期の子どもさん、病中病後の方はおこなわないでください。
  • ・断食が合わないと思ったら止めてください。自己責任でおこなってください。

以上です。

 

16時間断食は、健康に良い方法です。

週に1回おこなっていくことで、健康になり、少しずつですが痩せていくと
思います。頑張ってください。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

あなたの明日をスポットライトで照らす天道でした。

弥栄!!

 

 

参考にしたページです

 

毎日が発見ネット:

「16時間の空腹が決め手!細胞を生まれ変わらせる「オートファジー」とは」

https://mainichigahakken.net/health/article/post-1669.php

 

eo健康:「プチ断食でカラダをリセット」

https://eonet.jp/health/special/special78_1.html

 

がんを克服した医師がみずから実践している「素朴な食事術」を明かす

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/60919?imp=0

 

特選街web:

「何を食べるかより「空腹の時間」が効果 医師がすすめる16時間断食とは」

https://tokusengai.com/_ct/17308868

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください