潜在意識を使うと魔法のようにバシっと朝起きられるようになります

こんにちは、

 

あなたの毎日を照らすスポットライトの天道です。

 

あなたは朝起きるのは得意ですか?

目覚まし時計を1回鳴らすだけで起きられますか?

 

天道は起きられます。

例え睡眠時間が短くても、決めた時間に起きることが出来ます。

 

今回は、決めた時間に起きることが出来るようになるというお話をします。

 

朝起きるのが辛い日々でした

 

朝起きるのが辛いと感じたことはありませんか。

 

夜、やりたいことが多いと時間が足りなくなって、

ついつい睡眠時間を削ってしまったり、

 

昨今の状況で不安で眠れなかったりして、睡眠時間が短くなって

しまうと、朝起きるのが辛かったりすると思います。

 

以前の天道も同じように、朝起きることが辛かったです。

 

でも、あることを教えてもらい実践し始めたら、

嘘のように朝起きることが楽になりました。

 

潜在意識を使うことです

 

その方法は潜在意識を使うことです!

 

いきなり胡散臭くなってきたと思う方もいらっしゃると思いますが、

天道の話を最後まで読んでください。

 

天道が朝起きることが辛いと思っていたころ、

友人に教えてもらったことがキッカケでした。

 

その友人は言いました。

 

「自分の潜在意識に起きたい時間を伝えておけば起きられるよ」

 

最初にそれを聞いたときは正直「何言ってんだ、この人…」みたいな

顔をしていたと、後にその友人は言っていました。

 

「潜在意識…? なにそれ…?」

 

そんな感じで思っていましたが、その友人は非常に真面目な方でしたので、

信用して取り組んでみました。

 

すると…

 

次の日の朝、すんなり起きることが出来ました!

 

その日以来、天道は必ず潜在意識に起きる時間を伝えて眠るようになりました。

 

潜在意識に魔法の言葉を唱えます

 

やり方はとても簡単です。

例えば、午前6時に起きるやり方は、下記のようにおこないます。

 

  1. ・眠る直前、あお向けの状態で両手を天井に向けて上げます。
  2. ・手は人差し指で天井を指し示すような形にします。
  3. ・その状態のままで唱えます。
  4. ・「明日の朝、私は6時に目を覚まします!」
  5. ・言葉の音量は自分に聞こえるくらいで大丈夫です。
  6. ・それを自分が納得出来るくらいまで唱えます。
  7. ・納得したら寝るだけです。

 

以上です。

 

これでちゃんと6時くらいに目が覚めるようになります。

 

ここで大事なことは、「納得する」ことです。

 

起きれるかな?大丈夫かな?と思ってしまうと、それが潜在意識に

残ってしまって結局、起きれないことになります。

 

「私はしっかり伝えたから大丈夫!」と信じて寝ることが大切です。

 

でも人間なので、すぐ二度寝とかしてしまうこともあると思います。

そうならないように目覚ましもしっかりセットしておくと、

更に安心して眠れるようになります。

 

後、睡眠時間が1〜3時間の場合は起きれないこともあります。

 

身体が持たないと判断されて、起きたけどすぐバタンキュ〜なこと

があります(経験者談)。

 

睡眠時間が短いといっても、最低4時間は眠れるようにしましょう。

 

まとめです

 

  • ・潜在意識を使うと、自分が希望している時間に起きれるようになります。
  • ・眠る直前に潜在意識へ起きたい時間を伝えます。
  • ・両人差し指を天井に向けて上げて、「私は明日の◯時に起きます」と、
     起きたい時間を口に出して何回も、自分で聞き取れるくらいの音量で
     唱えます。
  • ・起きたい時間を潜在意識に伝えたと納得出来たら、眠りましょう。
  • ・1〜3時間くらいの睡眠時間のときだと上手くいかないことがあります。

 

以上です。

今回お伝えした方法は、個人差があると思います。

実際に行うときは「自己責任」でお願いします!

 

自分の責任で行うことが潜在意識に届けるための第一歩です。

 

あなたの明日を照らすスポットライトの天道でした。

弥栄!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください