「待って」いても人の気持ちはわからない。だからしっかり聞こう!

こんにちは、

あなたの毎日を照らすスポットライトの天道です。

 

あなたには今、好きな人はいますか。

その人に告白しましたか。

自分のことを好きか聞いたことがありますか。

 

天道の恋は、告白する前に終わってしまいました。

彼女が確実に天道のことを好きになってくれた感じになったら、告白
しようと思っていました。

タイミングを待って、もっと仲良くなって、いい感じになってと思って
いたら、その方は天道より後に知り合った人にすぐ、結婚されました。

 

あのときほど、結果がどうあれ、しっかりと告白しておけば良かったと
思ったことはありません…

今回は、そんな失敗をしないためのお話をしようと思います。

 

なぜ、聞けないのでしょうか

 

天道が失敗したのは、「待って」いたからです。

相手が自分のことを「好き」になってくれるのを確かめてから、
告白しようとしたことです。

相手の気持ちを、その人の行動や行為で推し量ろうとしたことです。
結局、相手の気持ちが確認出来ないから、待つことになったのです。

 

あなたにも同じようなことがありませんでしたか。

 

では、なぜ待つことになってしまったのでしょうか。

それは、自分から聞くことが「恥ずかしい」からです。
照れくさい」や「怖くて聞けない」なども同じことです。

「本当は相手の方から言ってくれたらいいのに」と思っているからです。

 

そして、

結果を聞く恥ずかしさや怖さより、待つ気持ちの楽さを選んでしまった
のです。

 

待っているだけは辛くないですか

 

あなたは、聞いた結果が自分の望まない結果だとしたら、それは知らない
ほうがいいと思っていませんか。

 

でも、それはとても辛いことです。

知らないままというのは、動けないということです。
結果を相手に委ねているので、自分からは動けないのです。

 

恋愛ならば待つことは最初は楽しいですよね。

相手のことを想うだけで待つことが出来ます。

しかし、それを永遠に続けていくことは出来ません。

人間は待つだけという不安定さに耐えられません。

 

もし、待つだけで終わってしまったとしたら、

「恋愛なんてしなければ良かった」

と、自らの心に蓋をしてしまうことになるかもしれません。

 

実際、天道はそうなってしまいました。

恋愛はしないと決めてしまいました。

今振り返ると、とても愚かなことでした。

 

あの時に聞いておけば良かっただけなのに…

 

心を決めて確かめましょう

 

あなたに今、好きな人がいて「待って」いる状態ならば、心を決めて
相手に確かめてみましょう。

 

自分のことは自分で決めるのと同じように、相手のことは相手が決めます。

 

相手の気持ちがもう決まっているなら、確認しないと待っている時間が
もったいないともいえます。

相手の気持ちを確認出来れば、そのまま進めるのか、それとも違う道を進む
のか、
いずれにせよ進むことが出来ます。

違う道を進めれば、心に蓋をしなければ、絶対に違う道はあります。

聞いて恥ずかしい思いは一瞬です。聞かない後悔は一生です。

あなたには、天道と同じ思いをしてほしくありません。

 

さあ、

 

心を決めて相手に確かめてみましょう!

 

まとめです

  • ・相手に聞くことが出来ないのは、恥ずかしかったり照れくさかったり、
     結果を知ることが怖かったするからです。
  • ・聞かないで待つということは辛いことです。
  • ・相手のことは相手が決めます。だから心を決めて相手に確認しましょう。

以上です。

 

聞いた結果があなたが想像していたものと違ったとしても、ずっと待っている
よりは絶対いいです。

待たないで違う道に進めることこそが、とても大事なのです。

心を決めて確認しましょう。応援しています。

 

今日も読んで頂きありがとうございました。

明日のあなたを照らすスポットライトの天道でした。

弥栄!!

 

参考にした本:

種市勝覺著:「最強運の人生を手に入れる!」(扶桑社)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください