健康に大切な手洗いについて

健康に大切な手洗いの方法についてお知らせします。

こんにちは、健康に生きたい50代、天道です。

風邪などを防ぐ簡単で一番の方法が手を洗うことです。

今回は適切な手洗いの方法をお知らせします。

いつ手を洗うのか

  • 外出先からの帰宅時
  • 調理の前後
  • 食事前

こまめな手洗いを心がけてください。

正しい手の洗い方

  1. 流水でよく手を濡らした後、石鹸をつけて手のひらをよくこすります。
  2. 手の甲をのばすようにこすります。
  3. 指先・爪の間を念入りにこすります。
  4. 指の間を洗います。
  5. 親指と手のひらをねじり洗いします。
  6. 手首も忘れずに洗います。
  7. 石鹸で洗い終わったら、十分に流水で流して、清潔なタオルや
    ペーパータオルで、よく拭き取って
    乾かします。

手洗いをする前に気をつけるポイント

爪は短くしておく

爪が長いと指先が洗いづらく、皮膚を傷つけることがあります。

指輪や時計などの装飾品を外しておく

手や手の近くに装飾品を着けていると、はめた場所が洗えず不潔なだけでなく、
アクセサリー自体に水が掛かることや、装飾に指が引っかかるのを無意識に
避けてしまい、その周りの部分も洗えなくなってしまいます。

外出先での紛失が怖い場合は、せめてずらして洗いましょう。

長袖の服は、しっかりと肘まで袖をまくること

袖が濡れるのを恐れて手首までしっかり洗えません。
長袖の服は出来るだけ肘までまくってから手洗いしましょう。

最後に動画で確認しましょう!

まとめ

  • 外出先からの帰宅時、調理の前後、食事前など、こまめな手洗いを心がける。
  • 流水でよく手を濡らした後に石鹸を、手のひら、手の甲、指先、爪の間、
    指の間によくこすり洗うこと。
  • 親指と手のひらをねじり洗い、手首も忘れずに洗うこと。
  • 石鹸で洗い終わったら、十分に流水で洗い流すこと
  • 清潔なタオルかペーパータオルでよく拭き取り乾かすこと
  • 事前に爪を短くしておくことや、時計などの装飾品は外す、長袖は
    まくっておいてから手洗いすること。

 

しっかり手洗いをして、ウィルスをブロックしましょう。

健康に生きたい50代、天道でした。

弥栄!!

 

参考資料:

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf

https://toyokeizai.net/articles/-/336458

https://pro.saraya.com/kansen-yobo/hand-wash/

https://www.youtube.com/watch?v=z1OV4gLt14c

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください